日本遺産 飛騨匠の技・こころ - 木とともに、今に引き継ぐ1300年 -

05, 飛騨国分寺塔跡

奈良時代の飛騨の歴史が判明

高山市総和町にあり、大イチョウや三重塔がそびえる飛騨国分寺。境内には高山城から移されたといわれる鐘楼門などがあります。

飛騨国分寺塔跡の写真その1
飛騨国分寺塔跡の写真その1

国の重要文化財である本堂は室町時代の建立。本堂の東側には、玉垣で囲われた塔心礎石が据えてあります。飛騨国分寺は天平13年(741年)の詔により、天平勝宝9年(757年)ごろまでには完成していたといわれ、この心礎は創建当時のものと推定されます。礎石の形状はほぼ方形で、上面に円柱座を造り、その中央部に円形の穴があけられた「ほぞ穴式心礎」です。石質は地元で「松倉石」と呼ばれているリュウモン岩です。

古代の国分寺と国分尼寺金堂が確認されたことは、奈良時代における飛騨の歴史の解明に大きく寄与しています。

飛騨国分寺塔跡の写真その2
飛騨国分寺塔跡の写真その2

41の構成文化財