日本遺産 飛騨匠の技・こころ - 木とともに、今に引き継ぐ1300年 -

08, 安国寺経蔵

飛騨における唯一の国宝建造物

国府町西門前にある太平山安国寺は、臨済宗妙心寺の古刹で、本尊は釈迦牟尼仏、脇侍は文殊菩薩、普賢菩薩の三尊仏です。

安国寺経蔵の写真その1
安国寺経蔵の写真その1

室町幕府を築いた足利尊氏・直義兄弟が、夢窓国師の勧めで国土の安寧を計るため、貞和元(1345)年に光厳上皇の院宣により、国ごとに安国寺と利生塔を設置。飛騨では以前からあった少林寺を指定し、寺号を安国寺と改め、宗派を臨済宗に改宗しました。京都南禅寺から瑞厳和尚を開山として迎え、貞和3(1347)年に創建されました。

安国寺経蔵の写真その2
安国寺経蔵の写真その2

安国寺経蔵は、応永15(1408)年建立で、飛騨における唯一の国宝建造物です。全体的に禅宗様が中心ですが、所々に和様が加わった折衷式の建物となっています。

安国寺経蔵の写真その3
安国寺経蔵の写真その3

内部の八角輪蔵は現存する日本最古の輪蔵(回転書架)です。この輪蔵には当時、明(現在の中国)から入手した大経蔵(現存2000帖)が納められています。

安国寺経蔵の写真その4
安国寺経蔵の写真その4
安国寺経蔵の写真その5
安国寺経蔵の写真その5

41の構成文化財