日本遺産 飛騨匠の技・こころ - 木とともに、今に引き継ぐ1300年 -

09, 荒城神社本殿

三様の意匠を優美にまとめた姿

荒城神社は飛騨式内八社の一つで、古くから荒城郷荒城宮、または河伯大明神と呼ばれています。古来より川の神、水の神として地域の信仰を集めてきました。

荒城神社本殿の写真その1
荒城神社本殿の写真その1

本殿は、明徳元(1390)年に再建されたと伝えられています。その後、数度の修理を経て、近年では昭和7年の大修理で面目を一新しました。

室町初期の三間社流造り、柿板葺き、棟は箱棟として妻飾豕叉首式、軒は二軒繁垂木で母屋は円柱の上に雄健な舟肘木を置きます。向拝の柱は方柱で9分の1の大面取り、この上に唐様三斗を置きます。両端の木鼻の上には天竺様の皿斗をつけた斗も見えます。

和様、禅宗様、大仏様の三様の意匠を巧みにまとめた優美な姿で、国の重要文化財となっています。

荒城神社本殿の写真その2
荒城神社本殿の写真その2

41の構成文化財