日本遺産 飛騨匠の技・こころ - 木とともに、今に引き継ぐ1300年 -

21, 高山陣屋(御蔵)

高山城から陣屋へ受け継がれた巨大倉庫

もともと高山城主金森氏の下屋敷があった場所に、飛騨が徳川幕府の直轄地となってから、代官や郡代が執務する役所が設置されました。

高山陣屋(御蔵)の写真その1
高山陣屋(御蔵)の写真その1

この役所は陣屋と呼ばれ、幕府支配の出張所として年貢の取り立てや山林資源の管理がなされました。郡代役所の主要な建物が残っているのは、全国でもここ高山陣屋だけです。

高山陣屋(御蔵)の写真その2
高山陣屋(御蔵)の写真その2

国指定史跡である高山陣屋の御蔵も、高山城取り壊しの際に三ノ丸の米蔵を移築したものです。

高山陣屋(御蔵)の写真その3
高山陣屋(御蔵)の写真その3

かつて年貢米を保管した蔵で、幕府領時代の歴史を物語る資料が展示されています。

高山陣屋(御蔵)の写真その4
高山陣屋(御蔵)の写真その4
高山陣屋(御蔵)の写真その5
高山陣屋(御蔵)の写真その5

41の構成文化財