日本遺産 飛騨匠の技・こころ - 木とともに、今に引き継ぐ1300年 -

03, 近世・近代の匠達

飛騨の社寺建築の美しさ

飛騨の山々の形にも似た美しさを見せる屋根の優美さも、飛騨の社寺建築の美しさの一つにあげられます。社寺建築の屋根の曲線は、親方から代々伝わる口伝(くでん)と、棟梁(とうりょう) の感性によって形作られます。

山々の形にも似た屋根の優美さ
山々の形にも似た屋根の優美さ
田上家住宅
田上家住宅

近世の飛騨社寺建築は、和様を基本として柱上の組み物などに他地域とは異なる独自性が見られます。

通常のヒノキやスギでなく、カツラやクリ、マツなど多彩な木材を使うことも大きな特徴であり、ここにも木材を知り尽くした飛騨匠の技を見ることができます。

吉島家
吉島家